女性の育毛剤の選び方

MENU

30代の女性に必要な育毛剤

薄毛の悩みは男性だけではなく女性にも多くなっていますが、その原因は男性は遺伝や男性ホルモンの影響などに対し女性の場合は加齢やホルモンバランスの影響、ストレスなどが多くなっています。

 

30代の場合はそれらに加えてパーマやカラーリングなどを繰り返しすることによっておこる頭皮のダメージやダイエットによる栄養不足、頭皮の血行不良も加わっているため、30代の原因にあった育毛剤を使用することが薄毛の改善には必要になります。

 

女性と男性では原因が違うため、男性用の育毛剤を使用しても薄毛が改善することはなく女性用を使用しなければなりません。
加齢にともなって女性ホルモンの分泌量が低下すると髪は細くコシがなくなり、うねりがでるようになったりしてボリュームがでにくくなります。

 

髪の変化は30歳くらいから始まり、40歳になるまでに髪の衰えを感じる人がほとんどになります。
30代は出産をする人が多く、妊娠するとホルモンバランスの変化によって髪が抜けにくくなりますが出産後はホルモンが通常の状態に戻るため本来抜けるはずだったのに抜けなかった髪が一気に抜け始めてしまう産後脱毛となります。

 

産後脱毛は誰にでも起こる現象ですが、慣れない育児ストレスや生活の変化、睡眠不足や疲れによって抜け毛が増えることもあり、それによってさらにストレスがかかって脱毛を促進してしまうこともあります。

 

育毛剤の中にはホルモンと同様な作用を持つ授乳中は避けなければならない成分が使用されているものもあったり、デリケートな状態の肌には刺激となることもあるため産後脱毛に使用する育毛剤などはオーガニック成分を使用しているものや低刺激のものを選ぶことが必要になります。

 

リラックス効果を得ることができる香りがついているものも効果的ですが、匂いにも敏感になっている場合には無香料のものを選びます。

 

加齢が原因の場合には分泌量が減った女性ホルモンを補うためにホルモンと同じ働きをする成分が配合されているものや、コラーゲン、ヒアルロン酸などの保湿成分で硬くなった頭皮を柔らかくする効果のあるものを選ぶと効果的です。

 

ダイエットなどで頭皮の血行が悪くなると髪が生えるのに必要な栄養分や酸素が毛根にいきわたらなくなり、髪が太く育ちにくくなって細いまま抜けてしまう状態になります。
頭皮の血行促進をしてくれる成分が配合されているものや炭酸ガスなどを使用しているものなど使用時にマッサージもできるものを使用して頭皮の血流をよくすることが大切です。

 

パーマや毎日のスタイリングによってダメージを受けている場合、頭皮に炎症をおこしていることもあるため栄養や潤いを与え炎症を抑えて頭皮環境を整えてくれる成分が入ったものを使用して回復させるようにします。

 

スタイリング剤がシャンプーでは落ち切らずに残ってしまっていると毛穴づまりを起こして抜け毛の原因となるため、頭皮を清潔に保つことも大切です。