産後の女性の育毛剤

MENU

産後の女性が利用したい育毛剤とは

髪の毛はホルモンの影響を大きく受けるものです。女性ホルモンの分泌量は常に一定というわけではありませんので、短いスパンで見ても多少の変化があり、それに応じて体調面に様々な影響が表れます。髪の毛はその中でも影響を受けやすいものであり、一時的な薄毛に陥って悩む人も少なくありません。ただし、症状が表れたとしても長く続くことはあまりありませんので、ストレスを溜めこまないようにして気にしないで過ごすのが一番です。どうしても気になる場合には症状にアプローチできる育毛剤を使用すると安定します。

 

女性ホルモンの分泌量の変化が大きくなるのは、妊娠出産の時期です。妊娠中はホルモンの分泌量がかなり増えますので、髪の毛は長い成長期に入ります。通常なら退行期や休止期に入っているはずの髪の毛も成長を続けますので、一時的に増えたように感じる人もいます。しかし、産後は急激に女性ホルモンの分泌量が低下して髪の毛は一気に抜け落ちます。そうすると今度は急に髪の毛が少なくなりますので、薄毛になってしまったと慌ててしまうのです。

 

この症状の多くは一時的なもので、何もしなくても自然に改善されるケースがほとんどです。産後一定の期間が経過するとホルモンの分泌量は落ち着いてきますので、それに合わせて髪の毛も元通りになっていきます。しかし、表立った症状が表れると気にしてしまう人も多いので、ストレスを溜め込んで悪循環に陥ってしまう恐れがあります。産後はただでさえ慣れない育児にストレスを感じることが多いので、それにプラスして髪の毛の悩みまででてしまったら、上手く発散できずに症状を悪化させてしまうこともあります。

 

一番良いのは気にせず過ごすことですが、どうしても気になるという場合には頭皮に負担のかからない範囲で育毛剤を使用します。育毛剤には色々な種類がありますが、ストレスにより血行不良に陥っているケースでは血行を改善してくれるタイプの商品を選びます。このタイプの商品を塗布するだけでも効果的ですが、塗布する前後に頭皮マッサージを行うとより効果がアップします。皮脂の分泌量が増えていると感じたら、一時的に男性ホルモンの分泌量が増えていると考えられます。

 

その場合には男性ホルモンを抑制してくれる成分や女性ホルモンを調整してくれる成分の含まれている商品を利用します。環境の変化やストレスによって頭皮の環境が悪化することもありますので、頭皮チェックを行ってみて荒れているようであればシャンプー方法を見直すのも良い方法です。頭皮が健康な状態なら、太くて丈夫な髪の毛が生えやすくなります。

 

男性の場合と違って、女性の薄毛は何もせずに改善されることが多いので、それほど思い悩む必要はありません。髪の毛にとって良くない習慣は一時的にストップして様子を見なければなりませんが、普段から負担になるようなことをしていなければ焦らなくても自然に良くなっていきます。