女性の育毛剤の選び方

MENU

女性の育毛剤選びは頭皮のチェックから

薄毛に悩む女性が増えていますが、その要因は多岐にわたりますので、ケアを行う時には原因に合わせて方法を選ばなければなりません。一番最初にやらなければならないのは頭皮のチェックであり、頭皮が荒れているようであればなぜ荒れているのかを考えます。女性に多いのが、髪の毛を染めたりパーマをかけたりする際に薬剤の影響によって荒れてしまうケースです。薬剤が強ければ強いほど大きな影響を受けてしまいますので、短いスパンで何度も行っている場合にはリスクがかなり高くなります。

 

荒れてしまったら一時的に髪の毛を染めたりパーマをかけたりするのをやめて、落ち着くまで様子を見なければなりません。その間は育毛剤さえも負担になる可能性が高いので、地肌に優しいシャンプーに切り替えて様子を見るようにします。落ち着いてきたら髪の毛を染める方法を考えますが、その場合は自然由来の成分で染め上げてくれる美容室を探して負担をかけないことが大切です。

 

女性であっても皮脂の分泌量が多過ぎて髪の毛に悪影響を及ぼしてしまうことがあります。皮脂の量が多いと毛根を塞いでしまいますので、毛母細胞の働きが鈍って髪の毛が成長しにくくなります。また、新しい髪の毛も生えにくい状態になりますので、抜け毛の量に対して新しい髪の毛が生えてくる量が少なくなり、薄毛につながります。頭皮を観察してみて皮脂の量が多めだと感じたら、シャンプーでしっかりと地肌まで洗うようにして、その後に皮脂の分泌量をコントロールしてくれる育毛剤を塗布します。せっかく洗い流しても分泌量をコントロールしなければ短時間のうちにまた元の状態に戻ってしまいますので、コントロールしてくれる成分の含まれている育毛剤を使用する必要があります。

 

頭皮を触ってみて冷たいと感じる場合には、血行不良が疑われます。血行不良に陥ると、せっかく髪の毛に良い栄養素を摂取しても血液を通じてうまく運ぶことができませんので、毛母細胞は栄養不足になってしまいます。血行不良の改善にはマッサージがとても効果的であり、頭皮の毛細血管を拡張してくれるタイプの育毛剤を利用すれば更に効果はアップします。慢性的に全身の血行が悪い人は日頃から運動不足であったり食事のバランスが偏っていたりと要因がありますので、その要因を取り除くための努力も必要です。

 

髪の毛が薄くなってきたと感じる時には、大抵毛根に近い部分がやせ細っています。また、頭皮が剥けていたり炎症を起こしていることも少なくありませんので、まずは健康な髪の毛の生えやすい環境を整えて、一つ一つ要因を潰していくことが大切です。最近の育毛剤には優れた有効成分が多く含まれていますので、症状に合った商品を正しく利用すれば症状は落ち着いていくはずです。短期間での変化には一喜一憂せず、長い目で見守ることも重要であり、ケアを始めてから数カ月は様子を見なければならないということも覚えておかなければなりません。"